スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by むぅたんはん
 
[スポンサー広告
寒ぃょ~芯から冷ぇて 凍っちゃぅょぉぉ~ぅぅっ!!
長風呂タィプのむぅたん。



湯船につかりながら、小説を読んでるからです^^



っぃっぃ、夢中で本の世界に入ってる。



この前 読み終ぇた「道頓堀川」面白かったなぁ~。








宮本輝の本は ゃっぱ自分好み。

何年か前に 読み終ぇてる「血の騒ぎを聴け」を なんとなく手にとって


ぱらっと開ぃて、1行読む。

その時 読む気は なかったのに

気付けば、2行3行と 読み進めてぃる



何度 読み返しても ィィ。

読み返す度に 違ぅ感動と新鮮さが得られる。





その「血の騒ぎを聴け」の中で特に 好きなのがぃくつかぁりまして、、



「能(ょ)く忍ぶ」

「ぉ天道様だけ追ぅな」

「母への手紙ー年老ぃたコゼット」

「嫌いなもの」


これらの4つは ホント好きです。





まず   

「能(ょ)く忍ぶ」ですが

自分の好きな感慨深い部分を、少し引用。



耐えなければならぬことが人生には幾つもあるのを、


人は幼くして知るはずだが、それがどうしても出来ないまま失敗を繰り返してしまう



どうしてあのとき癇癪をおこしてケンカしてしまったのか。


どうしてあのとき、この長い人生の中でたった二年や三年という時を


無限の如く錯覚し、焦って物事を途中で投げだしてしまったのか。



耐えることの出来なかった自分を思い起こすと、慙愧の念にひたるばかりである。





ぁりますね、悶々とする日々に焦りや苛立ちから

せっかくの軌道を踏み外し、自ら落ちてぃく瞬間って。

辛抱し、耐えてればょかったこと。


1回目の失敗は、経験だからぃぃんだけど

それを二度も三度も 繰り返す、またそれ以上に何度も 繰り返す、

そぅなってくると

もぅ それって、その人の癖なんですょね。


なかなか抜け出せなぃ淵でぁって、治すことの難しぃ性質。







次の「ぉ天道様だけ追ぅな」 はですね。。


(引用)

「『おてんとさまばっかり追いかけるなよ』

   
何のことなのか理解出来ず、私は父を見た。

七十年生きてきて、ようやく判ったのだと父はつづけた。


自分は、日の当たっているところを見て、いつも慌ててそこへ移った。

けれども、辿り着くと、そこに日は当たっていず、暗い影になっている。



また焦って走る。

行き着いて、やれやれと思ったら、たちまち影に包まれる。


振り返ったら、さっきまで自分のいた場所に日が当たっている。

しまったとあと戻りしても同じことだ。




俺はそんなことばかり繰り返して、人生を失敗した。

ひとところに場所を定めたら、断じて動くな。

そうすれば、いつか自分の上に太陽が廻ってくる。


おてんとさまばっかり追いかけて右往左往するやつは必ず負ける。」




これも、深いですねぇ~。



残りの2つも書くと長くなってしまぅので

今日の記事では ここまでにします^^☆





ではでは 今宵の1曲は~

今井美樹 「ひとひら」 しっとり素敵な1曲です❤

今井美樹さんは「プラィド」も最高にぃぃ曲ですょね^^





Posted by むぅたんはん
 
[未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。